美容が良いというサプリメントを飲んでいる人に美人がいないという噂

美容が良いというサプリメントを飲んでいる人に美人がいないという噂

祖母が亡くなった日」

読了までの目安時間:約 4分

平成28年5月18日20時13分祖母が亡くなった。93歳だった。
私は祖母が大好きだ。よく一緒に近所の商店街などへ出かけた。
孫の中でも私のことを「この子は一番別品さんや」と可愛がってくれた。
小学校の頃は毎週日曜日に祖母の家に行くのが恒例だった。日曜日は特別な日だなと私は感じていた。
祖母の家で過ごす時間が幸せだったから。
そんな日常は長く続いてくれなかった。祖母の住んでいる地域が立ち退きになった。
祖母は市が用意したマンションへは入居せず、私たち家族と暮らすようになった。
初めの頃は大好きな祖母と一緒に暮らせると喜んでいた。
一緒にお菓子を食べたり、梅干を漬けたり、お正月の用意をしたり、祖父のお盆のお供えを一緒に準備したり。
楽しい毎日を過ごしていた。祖母の心の中は今となってはわからないけれど…。
私が小学校高学年になるにつれて反抗期もあったのか祖母と上手くいかないことも増えていった
大好きな祖母を避けたりするようになった。
一人のことが多くなった祖母は近所になじむことも高齢なので難しく認知症になってしまった。
この時、自分のせいだ祖母が亡くなったら後悔すると自分を責めた。
自宅での介護も限界だったので祖母は施設に入所した。
それからはたまに祖母に会いにいった。祖母の好きなお菓子をもって。
祖母は穏やかな顔で嬉しそうに私たち家族と面会してくれた。
とても元気な祖母だったので100歳まで生きるだろうと家族みんなで話した。
ある日。私は彼氏とたまたま行ったショッピングモールで勧誘されたこともあり興味本位で占いを受けた
すると「高齢のおばあちゃんがいるのなら今のうちに孝行しなさい。一年以内で亡くなるから。」と言われた。
嘘だと思った思いたかった。けど現実になると怖いので会えるときに会いに行こうと思った。
この時計彼氏からプレゼントでもらったんだ。と言えば、そう!キラキラしてるわ~。
妹が公立高校に受かったよ。と言えば、えっ!えらいな~。
と、会話ができていたので、やっぱり占いだから…。と思っていたある日
祖母が高血圧でおう吐してから食事ができなくなった。
寝たきりになって会話もままならなかった
点滴でむくんだ手を母が泣きそうな眼でさすっていた。私は泣きそうな気持ちを必死でおさえた。
母が持って後一週間だろうと自宅で言った。それには思わずえっ!と反応してしまった。
母は、何人も看取ってきたからわかるんだよと諭すように言われた。
それでも数日たったある日、私は彼氏の家に泊まっていた。すると早朝に母から電話があった。
あわてて掛け直すと祖母の容体が悪化し危なかったが持ち直したとのことだった。
さすがにそろそろかと怖くなったので彼氏につきそってもらい祖母の面会に行った。
私たちを対応してくれた看護士さんが深刻そうな態度だったので
私は心の準備をしなくてはと思った。
祖母に面会した私は泣いてしまった。
祖母が下顎呼吸をしていたから。
それでも祖母に死を悟られてはいけないと泣きながら笑った
そして祖母との想い出話をした。私の声しか聞こえない病室。
祖母の儚い瞳に映れたのがうれしかった。
全部わかってくれているような気がする。声はなくとも眼で会話ができた。
おばあちゃん楽しかったよ。ありがとう。私、おばあちゃんのおかげで幸せ。
おばあちゃん大好き。
私との会話を最後に
祖母は安心したかのように永遠の眠りについた。
最後まで私におばあちゃんを独り占めさせてくれた。
おばあちゃん。ありがとう。
今も心の中にはおばあちゃんが生きている。

出産前の女の直感

読了までの目安時間:約 2分

先日、第一子を無事出産しました。
予定日より20日も早く生まれてしまい、私が一番ビックリしているのは事実ではありますが。なぜか産まれた日の朝、久しぶりに眉毛を抜いたのです。
妊娠してから、つわりもひどく、何をするにも気力がありませんでした。よって、毛のお手入れなどほぼしていませんでした。なのに急に思い立ったかのように、その人は朝から眉毛を抜き、シャワーを念入りにし、昼寝をしました。昼寝から起きると陣痛が始まっていました。それからは13時間苦しみ、待ちに待った我が子と感動の対面をしました。
しかし安堵したのもつかの間、疲れ切ったノーメイクの私と我が子を旦那・両親が写真におさめようと撮影のラッシュでした。
今になって、その時の写真を見たのです。まあ、ひどい顔をしています。我が子を抱き、ママになった瞬間の女性は美しいと言いますが、現実は違います。ただ1つ、あの日の朝、眉毛だけでも手入れしておいて良かったなと。きっと何か予感して、そうしたのだろうか。女の直感なのだろうか。
出産後の入院中、友人や親戚が会いに来てくれる事もあります。化粧は禁止なので、眉毛だけはまた次回もしっかり手入れしてから出産に臨もうと思いました。
女の直感、予感。なかなか侮れないなと改めて思った出来事でした。

マイホーム作成中♪

読了までの目安時間:約 2分

今年に入ってから、夢のマイホーム作りが始まってます(^^)
まずはハウスメーカーか、大工さんか、、、なんの知識もない所からのスタートだったので知り合いからいろいろ話を聞いたりしました!
結果、地震とかいろいろな面で安心な某ハウスメーカーさんに決定。
ちょこちょこ話を進めつつ契約して現在ローンの審査待ち。果たして大丈夫なのかな?^^;
審査結果が出てから話を進めていくのかと思いきや、間取りや色を決めましょう、とどんどん進められてます。それだけ通りやすいのかな?って思いつつ少し不安です(°_°)
それはさておき、間取りって本っ当に悩みますね!!
こっちをこうするとあっちがこうなってしまう、、ってな感じで試行錯誤しながらもなんとなく形になってきてます♪
担当の営業マンの方からもいろいろアドバイス頂きなから、自分たちがどう生活するか想像しながら考えるのはなかなか楽しいモノです(^^)
鬼門や風水的なものも、ある程度考慮しないといけなかったりと頭が2つ欲しいくらいですが。笑
インターネットで家造りに関する記事を見たり、間取りをシュミレートするアプリなんかもあって、それを使ってみたり、、、家は3軒くらい建てないと理想の形にはならないって良く言うけどなるべく後悔しないようにはしたいですよね♪
今週中にはローンの結果が出るだろうし、また次の打ち合わせまでに変更したい点がないか考えておこうと思います!
さて、今日はもう眠いので寝よう。
おやすみなさ?い(ρ_-)

最近の娘の1日

読了までの目安時間:約 2分

私の娘は2歳5ヶ月です。
とってもおしゃべりが大好きで基本ずっと喋ってます。
朝は8時前に起き、着替えから始まります。
最近やっとオムツがとれはじめ日中だけパンツにしています!
基本的にお漏らしもしないのでやっとオムツ代が浮くと思うと
嬉しくてたまりません。(笑)
トイレを済ませて朝ごはんです。
これがまた時間がかかります。
子供番組を見ながら遊び食べをするのでなかなか終わりません。
何回も「はよ食べや。テレビ消すで!」の繰り返し。
娘が食べ終わるまでに洗濯物も干し終わり、
下の子の授乳や片付けも終わります。
気づけばすぐお昼。
またお昼ご飯時間がかかります。
また「はよ食べや。テレビ消すで!」の繰り返し。
でもまだお昼ご飯は早く食べるほうです。
そこからおもちゃで遊んだり、
庭で縄跳びしたり、走り回ったり。
15時頃お昼寝をさせます。
もうこの歳になるとお昼寝無しでも大丈夫なんですが
無理矢理でも寝かせます。
昼寝がないと夜ご飯のとき、その後、お風呂、
寝るまでにぐずり怒られることを必ずするから。
1時間ほど寝かせおやつの時間。
何だかんだよく食べる子なのでパンだったり
バナナだったり、お菓子だったり色々です。
娘が寝ている間に私は晩御飯の準備です。
本当に1日があっという間!
夜ご飯を食べるときも
また「はよ食べや。テレビ消すで!」。
いい加減言われるの分かるんだからちゃちゃっと
食べてしまえばいいのに!!って思います。
食べたらもうお風呂の時間。
お風呂出たらもう寝る時間です。
本当に1日が早くてすぐ終わります。
怒ってばっかりの自分に反省。。
でも娘よ、もう少し理解してくれ。

寝かしつけで寝落ち

読了までの目安時間:約 2分

3歳と1歳の子供がいます。
日中はパートで働いたり、休みの日は家事に子供の相手。
なかなか自分の時間というものがもてません。効率よくできればいいのでしょうが・・・。
やはり夜に子供が寝た後が自由時間になります。
夕飯をすませ、お風呂、歯磨き、そして寝かしつけ。
3人一緒に布団に入り絵本を読んだりします。時には子供が寝室から脱走を試みるので無理矢理布団に引き戻したり。
とにかく子供が寝てしまえば自分の時間なので、とにかく早く寝て欲しい!!
でも、自分も疲れてるので布団に入ってしまえば眠くなってしまいます・・・。
絵本を読んでるうちに自分がウトウト。
いつまでもはしゃいで寝ない子に寝たふり攻撃で、本当に寝てしまったり。
子供って体温が高くてあったかいんですよね。ひっついて寝っ転がってると本当に気持ちよくていつの間にか自分が寝入ってます。(汗)
はっと気づいて目が覚めるともう22~23時くらいになってます。
理想は寝かしてから録画してあるテレビ番組見ながら甘いもの(子供には食べさせないようなチョコ系とか・笑)食べてのんびり過ごしたいのですが・・・。
寝落ちしてしまうと、猛スピードで当日分の片付けと明日の準備に追われるので大後悔です。
何とか寝落ちしないように対策をしても子供と一緒に布団に入ると睡魔に勝てませんね。
困ってはいるんですが、子供と一緒に寝られるのも今のうちなのでぬくもりを感じて日々を過ごしていこうと思ってます。

Recent Posts
Recent Comments
Archives
Categories
Meta